TASTING ART EXHIBITION 00~03

2009年〜2011年まで開催された現代美術の展覧会。”アートを試食してもらう”をテーマに百貨店内のレストスペース、通路、ショップ壁面等に、ギャラリーや

コーディネーターが推薦する作家の作品を約100点〜150点展示した他、 識者を招いての講演会や交流会も開催した。”かく、描く、書く...”、”造形/かたちを

造る”、”写真を巡って”、”ポップな視点”、”ジャンルを超えて”といったテーマに沿い、エリアごとに展示し、 各ジャンルの解説テキストを掲載する等、気軽にアートを楽しんでもらえるよう試みた。

Art to Life in Kyoto ~Thank you for everyone who loves Kyoto Hankyu~

2010年に閉店した京都四条河原町阪急において、ショーウィンドーを使った34年の歴史最後の企画として開催された。80年代半ば~90年代半ばまで約10年

に渡り同ショーウィンドーにて開催されていたArt Janctionのリバイバルとして開催され、過去の出展作家からのメッセージや展覧会の写真をスライドショーにて

展示した。ガラス面には”閉まり行く阪急”、”京都の舞台から去り行く阪急”を表現するべく、障子をイメージしたデザインのカッティングシートを施した。

ryota kanasaki / 金崎 亮太,2010

©

HANKYU MEN’S 5 Artist Exhibition

阪急メンズ大阪5周年企画として5人の作家が館内を彩った。また、作品に加え、作家自身が所有する私物(書籍、CD、小物、作業着)や制作現場の写真や映像等も展示。普段見る事の出来ない裏側を作品とあわせて辿る事で、鑑賞者に作家の息づかいを伝えた。

また、アーティストトークにおいてもプライベートな話を中心に展開した。

Contactcontact.html
Archive_soundarchive_sound.html
Biobio.html
Infoinfo.html
Ryota KANASAKIRyota_KANASAKI.html
Yoha PublicRyota_KANASAKI.html
Infoinfo_yoha.html
Archive_direction
instagramhttps://www.instagram.com/ryotakanasaki/
https://www.instagram.com/ryotakanasaki/